ちょっとだけ多くなると下品になったり自爆する羽目になる。
顔の造形をごまかすのにも限界を感じること。
化粧の欠点:ランチタイムにはメイク直しをする必要にせまられる。
メイクを落としてすっぴんに戻った時に味わうガッカリ感。
メイク用品にかかるお金が結構かさむ。
メイク無しでは外に出られないという強迫観念のような思考。
美白用化粧品であることを広告などでPRするためには、薬事法を制定している厚生労働省の認可が下りている美白の成分(ほとんどアルブチン、こうじ酸など)を採用している必要があるのです。

お肌の新陳代謝が乱れると、様々なお肌のエイジング現象やトラブルが出現します。

老けて見られるシワ・シミ・くすみ・クマ・弛み・目障りなニキビ・突っ張るような乾燥など、挙げたらキリがないでしょう。
メイクの悪いところ:皮膚へのダメージ。
毎日の化粧が面倒だ。
メイク用品の費用が結構かかる。
メイクでお肌が荒れる。
お直しや化粧する時間が勿体ない。
ドライスキンの原因であるセラミドと皮脂の減衰は、アトピー性皮膚炎のように遺伝によるものと、逃れようのない高齢化や基礎化粧品などによる後天的な要素に由来するものの2種類があります。

本国において、皮膚が白く黄ぐすみやシミが見られない状態を望ましいと思う感覚は現代よりも昔から浸透し、「色の白いは七難隠す」ということわざがあるくらいだ。